不要になったブランド品を高く売るコツとは

ブランド品の優れているところはデザイン性

読了までの目安時間:約 2分

私はお金持ちにほど遠い一介の一般人ですので、ブランド品というのはほとんど持っていません。しかし、数は多くないですが、バッグや洋服などでいくつかブランド品を持っています。そこで、ブランド品とそうでないものの違いについて改めて考えてみました。

たとえば、ブランド品のバッグですが、やはり見た目のデザインがとても良いということに気付きます。私が持っているブランド品のバッグはかなりオーソドックスな黒の小さいバッグなのですが、それでもバッグ全体にセンスを感じるのです。

一見どこにでもありそうなバッグですが、シンプルイズベストを追求しているというか、きちんと見た目におかしくないデザインをしています。ブランド品ではないバッグですと、そうしたデザイン性は度外視されて作られていますから、デザインの部分にブランド品とそうでないものの違いが表れていると思います。

その分、ブランド品はそうでないものの2倍、3倍の値段がするわけですが、やはりそれだけの値段がしてもおかしくない価値がブランド品にはあります。ですので、これからもなるべくブランド品にこだわっていきたいです。"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿